メヤニが生じにくいフッ素コート剤で綺麗な成形作業を実現させよう

工場

現場環境の安全性保全のため引火性のない離型剤を採用しよう

金属製の大型機械

シリコンやゴム製品の成形、製造プロセスで使う離型剤を選択する際、どのような基準で製品選びをしているでしょうか。現場作業の効率性を求めるなら、メヤニが生じにくいタイプがいいでしょう。塗布量が少なくてもメヤニができにくく、綺麗に離型できる離型剤なら、大量に薬剤を仕入れなくて済む分、コストダウンというメリットもありそうです。しかし、特に成形作業を行う現場で使用する離型剤という観点で考えると、もう一点、見過ごせないポイントがあります。それは、離型剤製品の安全性です。
離型剤で離型効果を発揮する本体となるのは、ワックスやフッ素コーティング剤といった主成分です。しかし、離型剤製品そのものは、こういった主成分を何らかの溶剤に溶かし込んで、塗布しやすくなるように調整しています。フッ素系離型剤はこの溶剤として不燃性のものを使用しており、引火性のない製品を現場で使うことが可能です。特に、大量の製品を造っている作業場だと、現場で使える離型剤も数多くそろえておく必要がありますが、その場合、引火性のない離型剤でなければ、現場の安全性を保全することは難しいでしょう。
フッ素系離型剤なら不燃性というだけではなく、メヤニが生じにくい、少量の塗布で抜群の離型効果を発揮するなど、効率面・コスパ面でも優れています。是非、成形作業現場で採用してはいかがでしょうか。

清潔な状態で成形作業を進めるならワックス系よりもフッ素系離型剤

一口に離型剤と言っても、主成分としてどのような物質を使っているかによって、色々な異なる種類の製品があります。プラスチックやゴムの製品を大量に製造販売している会社では、自社製品の特徴と予算との兼ね合いで、最適と思われる離型剤を選ぶ必要があります。その際、代表的な離型剤の特徴を把握しておくと、より的確な選択が出来るでしょう。
例えばフッ素系の離型剤は、成型過程の問題の一つであるメヤニが生じにくいという特徴があります。メヤニが出ると成形物の後処理が必要になり、生産効率をダウンさせる要因となります。成形物の後処理が必要になるケースは、メヤニ以外にもあります。例えばワックス系離型剤を使うと、金型に塗布した離型剤が、成形物を金型から分離する際、成形物に付着して汚してしまいます。この場合も、成形物の洗浄という後処理が必要になり、作業効率を低下させてしまいます。
フッ素系離型剤を使うと、離型剤の成形物への転移という現象は生じず、より清潔な状態で成形作業が出来、生産効率も上げることが出来ます。さらに、フッ素コーティングの原理を応用したフッ素系離型剤は、金型にごく薄い塗膜を作るだけで十分な離型効果があるため、コスパ面でもメリットが大きいと言えるでしょう。

フッ素コート剤専門メーカーから離型剤を購入すると安心感がある

今まで使ったことがない製品を購入する場合、製品について詳しい製造元に相談しながら商品選びが出来ると大きな安心感があります。その点、離型剤も例外ではありません。特にプラスチック等の素材を使って数多くの製品を作って販売している会社にとって、離型剤選択は、コストコントロールや製造現場の作業効率を左右する重要なファクターです。それだけに、離型に必要な最小使用量、メヤニが出るかどうかといった各々の離型剤の特徴、使い方を正確に把握して、間違いのない選択をしたいと誰しも思うことでしょう。
例えば、これから自社でフッ素系の離型剤を初めて使ってみようと検討しているところであれば、フッ素コート剤の専門メーカーに相談して購入するのがおすすめです。フッ素系離型剤という名称のフッ素というのは、主成分として用いられているフッ素コーティング剤を指します。そのため、フッ素系離型剤の現在購入可能な製品種類、その各々のメリットや具体的な使い方等に関しては、フッ素コート剤専門メーカーに相談するのが最適なのです。
フッ素系離型剤のメリットとしては、成形作業にあります。成形する過程においてメヤニが生じることにより、そのメヤニの処理で作業時間が奪われることは悩みの種になりがちですが、メヤニが生じにくいと、成形作業がスムーズに進行するメリットが得られます。他にも現場で手軽に使えるタイプの製品が入手可能なことなどが良く知られています。専門メーカーに相談してより詳しい情報を入手すれば、自社製品の成型に使うのに最適なもの、最適な使い方について、よりよく理解できるでしょう。


引火性のない不燃性溶剤を使っているので安全で簡単に塗布できてメヤニが生じにくい【フロロテクノロジー】の離型剤を使って成形作業を綺麗に効率よく進めましょう!劣化時の再塗布も重ね塗りするだけととても簡単でおすすめです!

press release

作業途中で効果が薄れてきても現場で塗布できる離型剤があれば安心

ゴム製品等の成型作業現場では、限られた時間でかなりの数の成型作業をこなさなければならないため、作業効率の維持向上は常に重要な課題です。成型作業の現場で効率を左右するファクターは多々ありますが、その一つが離型剤です。メヤニが大量に生じる離型剤を使っていると、金型から成形物を取り出した後の処理に時…

現場の人気を集めるスプレーや刷毛で簡単に塗布可能な離型剤

同じことを繰り返し行って進めていく仕事では、何らかのイレギュラーが生じると仕事の流れがストップして作業効率が低下します。これは、その日のうちに完了しなければならない数や量が決まっている場合、大きなストレス源になります。典型的な例として、シリコンやゴム製品の成型現場が挙げられます。こうし…

簡単そうで難しいゴム製品の綺麗な形造りに貢献している離型剤

ゴムを原材料とする製品は巷にあふれかえっており、一般の人にとっては、ごくありふれた身近な製品という認識でしょう。そのゴム製品ですが、各々製品として使う目的に合うよう、正確かつ綺麗な形を持っています。ゴム製品の成型は、金型という型にゴム素材を流し入れ、中で固めるというやり方をします。このように説…

デリケートな形状のゴムパッキン等の成型には離型剤の使用が不可欠

鍋蓋のパーツとしてよく知られたパッキンとチューブ類の共通点は何でしょうか。それは、両方ともゴムでできていること、そして細長くてデリケートな形状ということです。そして、両者とも金型を使って形づくりをしますが、成型が難しい製品であることも共通しています。ゴム製品は、全般、金型に素材のゴムを…

TOP